「エコ住宅」って実際のところどうなの?

「エコ住宅」というのは?

大量生産・大量消費の時代は、安価・製造が速い・製品のばらつきがない・手入れが楽といった面を重視して、合成化学物質で製造・処理された建材が多く使用されていました。
その結果、人間を守る役割を担っている「住まい」が、健康被害などを引き起こす原因になるケースもありますし、地球環境へ負担を与えてしまう原因にもなってしまうことがあります。
ただ最近では、そのような現状を回避しようという考えから「エコ住宅」が注目されるようになっています。
では「エコ住宅」というのは、どのような住まいなのでしょうか?
「エコ住宅」とは、各地域の気候風土や敷地条件、住まい方に対応して最大限に自然エネルギーが活用されることです。
さらに、地域の材料を使用するなど環境に負担をかけない手段で建設されることがエコ住宅の基本となります。
ですから、断熱・気密・日射遮蔽・日射導入・蓄熱・通風・換気・自然素材といった住まいの基本性能を理解し確保することが大切なポイントになります。
また、必要となるエネルギーに関しては自然エネルギーを最大限利用して生活が可能になることがエコハウスに求められます。
それから、暑い時には窓を開けることや寒い時には一枚着るといった、住まい手自身の意識や行動といったエコライフスタイルと住まい方も大切といえるでしょう。
あと、地域で受け入れら魅力ある住宅であるためには、その地域らしい住宅であることが大切です。
また、材料・工法・デザインなども地域の特色を生かした住宅であることもエコ住宅には求められる要素といえるかも知れません。
エコ住宅といっても様々な形態や作り方があるので、どのようなエコ住宅を実現するかは「あなた次第」といえます。
ただ、エコライフという新しいライフスタイルを理解して住宅を検討する必要があるといえます。
ですから、「どんなエコ住宅を実現するのか?」を考えるためにも、エコ住宅に関連する事柄を知っておく必要があるでしょう。

お役立ち情報

Copyright 2016 「エコ住宅」って実際のところどうなの? All Rights Reserved.